UTMセキュリティーブログ

Wifi化(無線化)のメリット、デメリット

Wifi化のメリットとデメリット画像

スマートフォンやタブレットの普及によって日本全国でWifiと呼ばれる屋内や公衆の場での
電波を受信して、インターネットなどの通信ができるインフラがものすごいスピードで
浸透してきております。
それに伴い、企業内での無線LANへの切替も急激なスピードで進んでいます。
PCを追加した場合、いままでは配線をひとつ追加して、目立たないように床にモールを張って
きれいにする、床下もしくは床上配線を施すのにPC1台追加なのに業者手配で費用がかかったり
思いもよらぬ時間もかかり、というようなことは多々あったと思います。

Wifi化(無線化)することによって

無線化することにより、業者費用もかからず多少の設定追加でまかなえることと
レイアウト変更する際にPCだけを持って移動すればOKになったり、たとえ無線ルータに
1~2万払って、業者も呼んで。。。という金銭的負担もかからなくすることができます。

反面、最近では悪い話を聞くことが多くなってきました。

・Wifiって無線だから通信スピードも上がるって聞いていたけど全くあがらない
・無線の電波ってハッキングに遭う確率が高くなるんじゃないの?
・公衆無線は誰でもID,パスワードが使える共通型だから、使用しないほうがいいんじゃないか

という話もよく耳に入ってきます。

日本国内のインフラ化

東京オリンピックが開催される2020年までには、日本国内の通信インフラは光ファイバー化することと
公衆無線環境の整備を整え、外国人観光客にも満足して使ってもらえるものにし、
昔からあるデジタル回線(ISDN)や光ファイバー(プレミアムやベーシックなど)のサービスは
収束していくとNTT東西で発表されています。

そうなると、インターネットが使用可能な環境はますます増えて、便利になる反面
サイバー攻撃や、ランサムウェア等は巧妙な手口が進化していくことが予測できます。

今でも多くの企業が被害に遭っているなか、もし対策が進んでいないまま時間が過ぎたとしたら。。。
運よく、うちのPCに限って何か起こることなんて無い、という状態が続くこと自体が。。。
本当の脅威なるかも知れませんね。

よく被害に遭っていないからまだ大丈夫だ、というお言葉はいただきますが
今のうちに未知の脅威にも対応できるセキュリティシステムを組んでおくことで
漏えいやウイルスに関して、今も未来も安心してPCを使ってもらえると思います。
その際にはUTMで構築する、ということも選択肢に入れてみてもいいかもしれませんね。
もしその時は、WALLIOR UTMをご用命いただけると幸いです。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838