UTMセキュリティーブログ

UTM(統合脅威管理)の選定方法

WALLIOR UTM(統合脅威管理)

WALLIOR UTM(統合脅威管理)をはじめ、いろいろなインターネットセキュリティが世の中に
でており、どれも性能がよくお客様ニーズにお応えできる製品であるのは間違いありません。

しかし、企業様にとって一体どのUTM(統合脅威管理)がいいのか?というご質問をいただくことも多々あり
大きな違いを印象づける部分が少ないのも事実かもしれません。

そこで今回はどんなUTM、どのような業者を選べばいいのかをご説明させていただきます。

基本性能をどういうものなのか確認

UTMは統合脅威管理といわれていますので、ただ単一のセキュリティではなく、複数の機能からなる
セキュリティアプライアンスです。
ファイアウォール機能をはじめ、アンチスパム、スパムメール対策、不正アクセス対策、ランサムウェアなど
未知の脅威にも対応できる機能を兼ね備えている製品かどうか確認が必要になります。

PCに万が一脅威が及んだ場合の対策をしっかりと

UTMのセキュリティエンジンは人間と一緒でそれぞれ違いがあります。例えば、BtoC向けのソフトを
UTMとセットで販売しているケースや、プロバイダについているセキュリティ対策ツールはBtoC向けの
セキュリティソフトになりますので、問題はありませんがやはり業務で使うとなると多少の不安が
ずっと付きまとってしまいます。

サポート体制

遠隔業務監視や24時間体制でサポートという内容でサポートをしている業者様が増えてきています。
ただし、セキュリティエンジン等に対して熟知している業者さんであれば、その場で対処できると思いますが
販売実績や担当営業さんの提案内容、信用のおける業者かどうかはチェックしたほうがいいと思います。

今回一方的に書いてしまいましたが、総評としては業者に環境確認させてきちんと見定めることが
一番と思います。
WALLIOR UTM(統合脅威管理)はおかげさまで全国各地、環境確認提案可能です。
皆様のNo.1ビジネスパートナーになれる御提案をさせていただきますので、是非ともご検討下さい。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838