UTMセキュリティーブログ

UTMとファイアウォールの違い

UTMとファイアウォールの違い画像

最近、UTMという言葉はIT担当者、ネットワークセキュリティ担当者であればご存知の方も多いと思いますが、
いままでインターネットセキュリティにそれ程関心をもたれていない方に、UTMって何?という質問をされることが多くなってきています。

質問される方の認識として「ファイアウォールと同じなんでしょ」とか「次世代型ファイアウォールってやつじゃないの?」といわれるケースが多いです。

UTMとファイアウォールは同じか?

本当に同じでしょうか?
簡単に言うと、ファイヤーウォールはUTMに標準搭載されている機能になります。
UTMは企業向けに特化した統合型のセキュリティ対策システムです。
ファイアウォールはインターネットとイントラネットの中継地点に置いて、全てのアクセス可否をパケット情報を元に決定しています。

しかし、P2P型のファイル交換ソフトやOS、ブラウザー、プラグインへの脆弱性を狙った不正なアクセスにファイアウォールだけでは対処することができません。

今までは 社内ネットワークのセキュリティ専門業者がスパムメールの対応をして、URLフィルタリングをまた別の業者で対応、
不正アクセスは・・・・というような形で多くのセキュリティ対策をいろいろな業者に頼んで個別にコストがかかっているのが実状ではないでしょうか。

色々な機能を兼ね揃えたUTM

そこで、幾つもの機能を兼ね揃えているUTMを導入することで様々な脅威からネットワークを保護することが低コストで可能となります。

社内での対策、運用がこれからの企業様や人員を裂くことは難しいとお考えの企業様でしたらUTMを導入することにより
UTM1台でいくつものセキュリティ機能を搭載し、かつ脅威判定を多面的に行い、自社ネットワークをより安全に運用することができます。

セキュリティリスクが高まってきた、導入しないといけない、と感じている方は是非UTM(統合脅威管理)をご検討下さい!

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838