UTMセキュリティーブログ

Flash Player(フラッシュ プレーヤー)の脆弱性Vol.1

Flash Player フラッシュ プレーヤー 脆弱性の画像

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性を解消した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを頻繁に公開しております。

Flash Player(フラッシュ プレーヤー)とはなんでしょうか?

そもそも、Flash Player(フラッシュ プレーヤー)とはなんでしょうか?
Flash製品で制作されたものをブラウザで見るためのもの(プラグイン)です。

1996年アメリカで開発
1996年にアメリカのソフトウェア会社フューチャーウェーブ・ソフトウェアがFutureSplash Animator(フューチャースプラッシュ・アニメーター)と再生プラグインFutureSplash Player(フューチャースプラッシュ・プレイヤー) を開発しました。
同年、マクロメディア社が買収、「FutureSplash」の頭文字「F」と接尾「lash」をとって「Flash」として発表しました。

1998年Flash3の公開
インターネット上で様々なアクティブなアニメーションやホームページそのものに組み込まれるようになり、WEB業界でブームが始まって行きます。

1999年Flash4の公開
変数、文字列処理、条件分岐ができるようになり、益々アクティブなホームページがFlashによって生み出されて行きます。

2000年Flash5の公開
ActionScriptが搭載。プログラミングの機能が強化され、WEBデザイナーのツールからプログラマーの間でも使用されるようになります。 (この時代がらFlashでゲームなどができるようになります)

年々、バージョンが上がる事により、WEBデザイナーのプログラミングスキルも必要になっていき、Flash専門のスキルが必要な仕事が溢れてくるようになります。

2005年アドビシステムズが買収
2005年マクロメディアはアドビシステムズに買収され、2007年には完全にマクロメディアの名前は消え、制作ソフトはAdobe Flash Playerと改名されました。 あまりにも機能が充実し、様々な事ができるように開発されたためこの時期から「Adobe Flash Player」脆弱性について議論されるようになってきます。

次回はその後についての記事を書きます。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838