UTMセキュリティーブログ

PC操作をするだけで

PC操作をするだけで
最近はサイバー攻撃も巧妙化しているため、宅配便業者や日本郵政など運送会社の
メールに関しても注意が必要になる時代になっております。

送られてきたメールなので、関係することであるかの様なメールはやはり開いてしまうという
データが某メールサービス関連会社の調べでは約8割は注意していても被害に遭ってしまうとのことでした。

サイバー攻撃最新の手口

最近の手口としては、WindowsUpdateと同様のサイトをユーザー側にみせて、そのアップデートが
実行されて、アップデートに失敗しこのままではPCに危険がある、というような文言で電話することを
誘導して、電話した際に身代金を要求するようなサイトもできております。

また、通常通り何らかの調べものがありよくあるまとめサイトをみて感染、という事例も出てきており、
まさに普通にPCを使うだけでも感染してしまうような時代になってしまっています。

お客様事例

先日、ご訪問しましたお客様でこういう例がありました。
メールのやり取りが多く、取引先業者ごとに分けてメール受信を行っている様子。
それも外国の企業とのやり取りも多く、請求関係もメールでのやり取りを行っておられ
仕分けを完璧にされていました。
メール需要が高いため、必然的に悪いものが入ってきてしまう確率も高く日々増えている
ランサム対策には頭を悩まされていました。
そこで弊社システムのうちバンドルされているソフトをデモとして導入しましたところ、
脅威を及ぼす可能性のあるメールをほぼシャットアウトしてくれて、危険性を取り除くことに
成功しました。

ランサム系のスパムメールを防ぐためには

どうやら、このようなランサム系のスパムメールは未知の脅威であることが多く、亜種のふるまいを
検知できる機能を持ったものじゃないと防ぎきれないようです。
すべては完全に防御できるわけではありませんので、一概にこれといったものでもありませんが
お客様の悩みを解消できるようにWALLIOR UTM(統合脅威管理)を活用していただけましたら
幸いです。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838