UTMセキュリティーブログ

遠隔操作ウイルス事件(トロイの木馬)

トロイの木馬

2012年、約5人(東京、愛知、大阪、三重、福岡の在住者)の男性が誤認逮捕されたニュースで話題になったサイバー犯罪事件です。
犯人が、ネット掲示板に他の人のパソコンを遠隔操作し、襲撃や、殺人予告をメールや有名掲示板に13件も書き込まれて
当時、大きなニュースになり、誤認逮捕された実際に書き込みしてない人が自白したりして警察のあり方なと問題になりました。

どのように感染、侵入されたのでしょうか?

1人の方の場合は、攻撃用の Web ページにアクセスした時にクロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF) を仕掛けられ、
襲撃して殺害するような予告文を勝手に(自動で)横浜市へ送信されました。

その他の人達は、ソフトウェア板のソフトウェアを探している人が集まるスレッドがある掲示板にて、実際にインストールする人たちが多い事からターゲットの掲示板されたと思います。
iesys.exeを仕込まれたアプリケーションソフトをダウンロードした後、実際に実行しトロイの木馬が発動、コンピューターげ遠隔操作されるようになってしまいました。
ダウンロードした正規のソフトが起動するため、感染した事に気づくことなく遠隔操作をされ、掲示板に書き込み、メールで送信など行われていたみたいです。
内容は、襲撃、大量殺人、爆破予告、脅迫など冗談では済まさせない酷いものばかりでした。

現在の対策は?

現在、有名掲示板はこの事件からセキュリティーを上げたり、対策はしているみたいです。
もちろん WALLIOR UTMもPCとネットワークを同時に守るダブルプロテクションができる為対策もバッチリです。

2012年の事件ですが、毎年新たなウイルスの脅威にさらされています。
脆弱性を悪用され、新手の遠隔操作ウイルスとか出る前に
最新ウイルスもプロテクトできるWALLIOR UTMの導入のご検討してみてはいかがでしょうか? “

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838