UTMセキュリティーブログ

続、ポケモンGO便乗サイバー犯罪

ポケモン ボール
ポケモンGO(Pokemon GO)が日本でリリースされてから、早1ヶ月過ぎました。
初月度(米国のリリース日から)の売上2億ドル以上(約200億円)を売上げてロケットスタートを切ったのですが、
そろそろ、飽きてきている人、レベルアップの経験値が高すぎて気力を無くしてきてる人とか
色々な方がいると思いますが、運営会社ナイアンティックは色々とアップデートを用意していると発表していますので、まだまだ人気は続くと思っています。(お金があるのでTVCMとか効果があるかもしれませんね)

そんな中、前にも記事にしたのですが、まだまだ出ているポケモンGOの不正アプリ、確認された中では1ヶ月で約12倍の偽・不正アプリが出回っております。

前回の記事:
>>ポケモンGOを狙う便乗サイバー犯罪
>>Pokemon Go(ポケモン ゴー)の詐欺
>>Pokemon Go(ポケモン ゴー)をプレーする際の注意

今回はさらに悪意を感じるものが多いです。

例えば、金銭や個人情報を盗もうとするプログラムや、感染端末を遠隔操作して悪いことしようとするプログラム
などが偽アプリなどにはインストールされています。
どんな偽アプリが注意が必要かと言うと、

・ゲーム攻略系アプリ
・ポケモンを探すGPS位置情報アプリ(偽)
・情報壁紙画像ダウンロードアプリ
・ポケコイン取得アプリ(前回はサイトだけでした。その時の記事はこちら
・裏ワザ系のアプリ
などです。

不正、詐欺、偽アプリに引っかからないためには

怪しい開発者やオフィシャルじゃないアプリストアからのダウンロードは絶対ダメです。
得やおいしい話のアプリをダウンロードしない事
OSも最新にアップデートしておくことも重要です。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838