UTMセキュリティーブログ

様々なマルウェアに注意

様々なマルウェアに注意
IPA(情報処理推進機構)が2016年第3四半期にマルウェア報告を受け、まとめたものを発表した。
マルウェア検出経路は全体の96が%メールの添付ファイル経由で35万4208件の報告
ユーザー自身やマルウェアでのダウンロードされた場合のケースは2.4%でした。

マルウェアの添付メール

日本をメインに不正送金マルウェアが最近大量にメールをバラ撒かれているので注意して下さいと
こちらは日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が伝えています。
不正送金マルウェアの行動は、アカウント情報を盗んだり、送信口座を分からないように変更したりなどします。
これらはオンラインバンキングの利用者を狙ったものが多いです。
JC3は警視庁と連携し、同社のホームページで、早期警戒情報を公開して行くそうです。
今回は、「添付写真について」という件名のマルウェア付メールの紹介しています。
その中身は

【件名】 添付写真について
【添付ファイル】 AA_20161031_0000000 .JPG.zip
【本文】
いつもお世話になります。

添付写真と同じの御見積をいただけませんか。

よろしくお願いします。

容量が大きい為、分けて送信致します。

になっております。
添付ファイル名はアルファベット、番号等は各メールによって変わります。
その他に、「宅配便」「修繕依頼」「注文書」「見積り依頼」などに偽造したものがzipファイルなどあります。
ファイルの中身は実行ファイルになっています。

その他のマルウェア

タイプは違うのですが、受信者自身が別の端末やアカウントから送信したかのようなメールの手口もあります。
さらに最近は総務省から注意が出ているものがあります。
実在する「一般社団法人 ICT-ISAC」になりすましメールが送られ
除去ツールの配布するような文面を書きマルウェアに感染する事案が発生しています。
メールでは件名は、「総務省共同プロジェクト インターネットバンキングに係るマルウェアへの感染者に対する注意喚起及び除去ツールの配布について」
となって、あたかも政府機関が何か行っているように装ったメールになっています。

紹介しているメール等は絶対に添付ファイルを開けないで下さい!
中小企業様に販売してるネットーワークセキュリティの WALLIOR UTM(統合脅威管理)は
パソコンへの攻撃とルーターなどネットワークからの攻撃を同時にダブルプロテクションしているUTMです。
公共施設などにも使用しているこのUTMをご検討してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838