UTMセキュリティーブログ

携帯会社を装った詐欺メールに注意!

携帯会社を装った詐欺メールに注意!
本日9月16日(金)は、iPhone7の発売日! 先週自分もオンラインで予約しました。
FeliCaが使えるようになり日本仕様のiPhoneになりました(これでどんどんガラパゴス化して行く?)

スマホの市場シェア率

世界のスマホの市場シェア率を見てみると
1位 サムスン 22.7%(前年24.4%)
2位 Apple 16.2%(前年14.8%)
3位 ファーウェイ 7.4%(前年5.7%)

Apple以外ではAndroidかWindows Phonenなので
世界市場はほぼAndroidがシェアしていると言っも良いと思います。
日本に関しては、去年のスマホのシェア率はiPhoneのシェアは60.2%になっています。
(年々下がっていっています。去年より8.5%減少)
Appleはなんとしてもこのシェア率は最低でも維持したいと願っていることでしょう。
ヨーロッパでは約20%、Appleのお膝元アメリカでも約50%弱のiPhoneシェアー率なので、
如何に日本市場が重要なのかが分かります。

今回買い換えるiPhon7の携帯会社はいままで使用しているauをそのまま継続します。
最近、誰にも教えていないSMS(携帯メールアドレス)に、明らかにフィッシング詐欺メールのような迷惑メール来てたりしませんか?
このような事は今後も自分自身では防ぐことが出来無い時代になってきました。

auの迷惑メールの場合

auユーザをターゲットにしている迷惑メールを確認してみますと、
明らか怪しい文章で、誤字脱字が多く、迷惑メールを分かりやすいのですが
これが、今後巧妙になってくると判別が難しくなってきます。
メッセージに貼ってあるリンク先を押すと
「システムはウイルスによって破損しています!」といかにもauオフィシャル風な画面が表示されます。
そこにはご丁寧に「ウイルスを削除」ボタンが設置されておりさらに誘導を促しています。
もしそのよう画面を見つけたら絶対にボタンを押さないようにして下さい。

このような迷惑メールが増えてきている事もあり
携帯各社が協力して迷惑メール送信者の情報交換など行っています。

各スマホ会社の迷惑メール対策

今回、各社「迷惑Eメールに関する申告情報の取扱いについて」
10月1日(土)より、受信者から申告した情報を各携帯電話会社間で共有し、
送信元の携帯電話会社で利用停止措置するなどの対策を
迷惑メール削減に向け、取組みを行うと9月に発表しました。

提供を行う会社は以下の通りです。
・KDDI株式会社
・沖縄セルラー電話株式会社
・株式会社NTTドコモ
・ソフトバンク株式会社
・ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

各会社の迷惑メール対策については以下のリンク先から確認できます。

KDDI株式会社 / 沖縄セルラー電話株式会社
>> 迷惑メール対策強化

一般社団法人電気通信事業者協会
>> 迷惑メール送信者の情報交換
>> 迷惑SMSに関する申告情報の取扱いについて

株式会社NTTドコモ
>> 迷惑メールでお困りの方へ

ソフトバンク株式会社

>> 迷惑メールでお困りのとき (SoftBank)
>> 迷惑メール対策(Y!mobile)

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
>> 迷惑メール申告窓口

各社色々な努力を行っております。
中小企業様も自社で出来る限りの対策は立てておくべきかと思います。
WALLIOR UTM(統合脅威管理)はスマホ等の対策はできませんが
大事な仕事のパソコン等は、最大限に守る事はできます。
未知の脅威から守るUTMの導入のご検討してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838