UTMセキュリティーブログ

情報セキュリティ関連の法律について

情報セキュリティ関連の法律について

単にセキュリティとよく言われていますが、いったいどんなことをしたら
どのような処罰があり、もしかしたら大丈夫と思っている皆様の行動も罰則の対象に
なっているケースがあるかもしれません。今回は情報セキュリティ関連の法律について
ご紹介させていただきます。

法律違反事例(総務省資料抜粋)

不正に入手したID・PASSを使用してサーバへのアクセス、電子メールを送った
⇒不正アクセス行為の禁止等に関する法律 3条および4条に抵触する可能性あり

不正に入手したID・PASSを使用してプロバイダメールサーバへアクセスし
他人のメールの閲覧をした

⇒不正アクセス行為の禁止等に関する法律3条 電気通信事業法第4条第1項に
抵触する可能性あり

プロバイダのサーバに侵入してホームページの内容を書き換えたり、消去したりした
⇒刑法 第234条の2(電子計算機損壊等業務妨害)、書き換えた内容によっては
刑法 第175条(わいせつ物頒布等)や刑法 第230条(名誉毀損)に抵触する
可能性あり

ファイル共有ソフトを利用して、不特定多数の利用者にアクセスできる状態にした
⇒著作権法に抵触する可能性あり、また配信していなくてもダウンロード可能な
状態にしていることも含まれます。

ほんの一部ですが、犯罪になりうる事例を列挙してみました。
ファイル共有ソフトとかはもしかすると、無料使えるある程度データ保存容量がある
クラウドサービスなどに知らず知らずにデータ格納しているファイルは法律違反に
なる可能性もあるかもしれません。

セキュリティも知らないうちに破られて、意識のないうちに加害者になる可能性を
考えると、あらかじめ対策を講じておくことも必要かもしれませんね。
ネットワークセキュリティ導入の際にはWALLIOR UTMを宜しくお願いします。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838