UTMセキュリティーブログ

不正プログラム増加傾向

不正プログラム増加傾向

四半期ごとに集計を行っている、とある業者のデータによると、ここ最近は増えたり、減ったりの連続
でしたが、最近の状況をみるとおよそ2倍に膨れ上がっているとのことでした。
その一方で、ウイルス検出はここ2年間ほど減少傾向にあり、いかにも巧みなウイルスや不正
プログラムが世の中を横行していることが分かります。

しかも一般のネット利用者にはとても判別することはできないものしかないため、この手の脅威は
【運任せ】でなにも受けなければいいというような考え方が一般的になってきているかもしれません。

しかし企業様でしたらそういうわけには行きません。
お問い合わせをいただくなかでよくご質問があるのはUTMって本当に必要なの?という質問です。
正直、UTMが必要ということが大事なのではなく会社にとってインターネットは切っても切れない
時代になっており、情報収集にはかかせないツールです。
そこでお伝えしているのは、ネットワークに関するセキュリティ対策をしていくことは
会社にとって、お取引先様にとっていつのタイミングかは分かりませんが、行っていかなければ
ならない事柄であり、今回もしかしたらその統合脅威管理の導入タイミングかもしれない、ということです。

皆様日々の業務におわれていてセキュリティのような導入した際の効果が見えずらい商品は
予算もかけずらいと思いますが、金銭的なところよりも会社としての信用、取引先様との信頼維持、
なにか脅威が発生したときの被害の最小化をするためにもネットワークを守る体制はとっていった
ほうがいいと思います。

その中でWALLIOR UTMに関してはPCのスピードも損ねず、万が一の状況があったとしても
最小限の被害に抑えることができるツールですので全国対応できるWALLIOR UTMの御提案を
ご検討下さい。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838