UTMセキュリティーブログ

ランサムウェアの被害、過去最悪 2016年上半期

ランサムウェアの被害

トレンドマイクロ株式会社が24日に発表した報告書によれば、2016年上半期の国内におけるランサムウェア被害報告件数は、前年同期比の約7倍となる1740件に達し、ランサムウェアの検出台数も約9.1倍の1万6600台と過去最悪だった。

2016年上半期に新種のランサムウェア79種を確認したとのこと。2015年の1年間で確認された29種の約2.7倍となっており、この79種が、1~6月に検出されたランサムウェアの53%を占めた。中でも2016年2月に登場が確認された「LOCKY」は、検出台数の半数を占めたという。
INTERNET Watch

法人の被害は前年比で35倍

より巧妙化しているランサムウェアは日本語にうまく対応している事もあり、
2016年1月~6月期間、法人の被害は被害報告件数の87%(前年比で35倍)でした。

セクリティ対策が弱い所?ターゲット

国内ではオンラインバンキングの個人情報などを狙っているケースも多く、
前年等比で約2倍に増加(日本国内だけ)、世界全体で見ると1.1倍です。
日本をターゲットにされているのが分かります(又は国内のサイバー犯罪者が活発?)
特に狙われているのが、地方銀行でありネットバンキン被害全体の46%を占めています。
大手銀行などは多額の投資でセキュリティ対策を行っているので
ランサムウェア対策が薄いと思われる地方銀行を狙ってる方向性が伺えます。

銀行だけで無く、日本企業をターゲットとすつサイバー犯罪は増えて来ていますので
ネットの脅威に対する対策は必要不可欠です。
進化していく未知の脅威から守る、
WALLIOR UTM(統合脅威管理)の導入のご検討してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838