UTMセキュリティーブログ

メール送信時はご用心

メール送信時はご用心
個人情報漏えいに関するニュースがたくさん流れるようになり、セキュリティ対策に
不安を感じられている企業様も多いと思います。
その中でも、一番気をつけないといけないのが【業務メールの扱い方】といわれています。
今となっては業務に欠かすことのできないメールのやり取りですが、情報漏えいが起きる
原因の中でも常に上位にきているのが人的ミスによる漏えいです。
お取引先様へのメール、エンドユーザーへの情報提供メール、社内共有のメール、など
ひとつ間違えてしまうと重大な問題になってしまうことを意識していきたいところです。

最近多い事例としては、何らかの商品サイトにアクセスして会員登録をし、そのサイトからの
メールマガジン、いわゆるメルマガが多いようです。
これは、お得な情報を会員の方全員に一斉送信する仕組みになっており、あて先表示は
非開示にする【BCC】だったりグループ登録でわからないように送信するのがセオリーです。
これを間違って、表示するように送信してしまったら一瞬のうちに会員アドレスが送った方全員に
流出してしまい、賠償請求される、情報開示責任のある企業様でしたら信用問題に
なりかねないことになってしまいます。しかも注意していつも送っているメールであるが故
未然に防ぐのも、扱っている当事者次第になってしまうので、防ぎようがない。
対策方法としては、送信前に一度確認をする設定をするか、誤って送信してしまっても
見直しができる機能をつけておく、などの設定が必要です。

そんなことするわけない!と感じられる方も多いかと思いますが、実はこのような情報漏えいが
非常に多くなっている
と聞きます。メール自体をやめることはできないので、特に注意が必要です。

また、多くの企業様では従業員の業務用PCの取り扱い規程を定められていると思いますが
これを個人利用してしまい、情報漏えいにつながったケースも人的ミスには多いといわれています。

インターネット環境が当たり前の時代であるため、制限するのは社内リソースや資源を費やさなくては
ならないリスクがあります。
しかし、それに資源を投入できる企業様も限られているのが実状で、そこまでするなら個人個人で
しっかり管理を、というアナログ的なところになっていく。
でも心配だ、、という企業様向けにWALLIOR UTM(統合脅威管理)があります。
URLフィルターによりアクセス制限をかけることができたり、社内ネットワークで日々各個人が
どのような行動をとり、業務を行っているのかを可視化できる機能も取り揃えています。
しかも人的リソースを割くとしたら、人件費1人分(日本人平均月収約35万円)は必ずかかるところを
WALLIOR UTMだったらおよそ30分の1程度(環境によります)でセキュリティ対策を可能にします。
不正アクセス、ランサムウェアなど、その他外的要因も非常に多くなっている今だからこそ
UTMセキュリティのご導入をご検討ください。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838