UTMセキュリティーブログ

ファイアウォール、ウイルス対策ソフトだけでは防げない

ファイアウォール、ウイルス対策ソフトの盾 画像

皆さんお使いのコンピューターやその周辺機器がウイルスに感染してしまったら….。
さらに、恐ろしい事にネットワークからの感染が拡大してしまったら….。

想像しただけでも怖いですよね

ファイアウォールで不正侵入を検知できなかった場合は一気に拡散されてしまう可能性があります。
何故できない場合があるのでしょうか?実はファイアウォールはPC内部のチェックはしてくれません。

なので、ウイルスバスター系の対策ソフトは必須になります。

セキュリティソフトだけでは安全ではない

しかし、セキュリティソフトだけ入れたら安全かと思えばそうではありません。

やはり、ネットワークからの不正侵入からはファイアウォール機能が必要になってきますが、
ファイアウォールにはIDS(不正侵入検知システム)とIPS(不正侵入防御システム)が無いので
万が一、不正侵入による感染が発生した場合は防御する事ができません。

IDSとは、ネットワーク上の不正アクセスを検知、ネットワーク管理者に通報する機能を持っています。
IPSは、IDSを進化させたもので、不正アクセスが来たら、自動で通信を遮断、又はサーバを故意に落としたりしてくれる機能があったりします。

WALLIOR UTMには、ファイアウォール、IPS、IDS機能はもちろん、
ネットワークセキュリティ機能のほかにもウイルス対策ソフト(F-Secure、EXアンチマルウエア)を標準装備しておりますので
ご興味がございましたら、お気軽ご連絡下さい。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838