UTMセキュリティーブログ

セキュリティ侵害によるデータ破壊を日本企業の約30%が経験

約3割がセキュリティ侵害によるデータ破壊を経験

直近1年間に約3社に1社の国内企業がセキュリティ侵害によるデータ損失を経験しており、平均被害額は約1億4180万円にのぼるとする調査結果をEMCが取りまとめた。

同社の委託によりVanson Bourneが世界18カ国におけるデータ保護の状況を調査したもの。従業員250人以上の企業や公的組織におけるIT部門の意思決定者2200人を対象に、3月から4月にかけて調査を実施したもので、日本からは100人が回答した。

同調査によれば、直近1年間に、外部からの脅威によるデータ侵害や予期せぬダウンタイムを経験した日本企業は16%。グローバルでは23%だった。

これに内部関係者による脅威をくわえると、日本企業で32%、グローバルで36%がセキュリティ脅威によるデータ侵害を経験していた。

引用元:Security NEXT

日本から100人ということで、データとしては少ないですが、
約1億4180万円の平均被害額は大企業でもやはり痛い金額です。
今回は、250人以下の会社様は含まれていないですが、
中小、零細企業まで含むともっと被害は大きいかと思います。

最近の攻撃では、バックアップデータやプロテクトされてるデータなど
明らかに情報(又は情報漏えいそのものを)を狙った不正アクセスが増えています。

情報処理推進機構(IPA)の「ランサムウェア」関連の相談件数は今年に入り
225件来ており、その内の198件は実際に脅威のある被害にあって相談されています。
(去年と同じ時期は100件以下です。)

弊社ではパソコンとネットワークを同時に守る統合脅威管理できるUTMを販売しております。 
日々進化していく未知の脅威に対抗するために
WALLIOR UTM(統合脅威管理)の導入のご検討してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838