UTMセキュリティーブログ

サイバーセキュリティに対する意識改革

サイバーセキュリティに対する意識改革

セキュリティは「費用」でなく「投資」

内閣サイバーセキュリティセンターは「企業経営のためのサイバーセキュリティの考え方」を発表
サイバーセキュリティは「費用」でなく「投資」、「挑戦」と「責任」として、まずは企業様に向けてアピールしています。
企業が投資すべきものは様々であり、利益追求は勿論のこと経営リスクにサイバーセキュリティーを強く意識を持って欲しいと言っています。
>>>企業経営のためのサイバーセキュリティの考え方(概要) PDFファイル

サイバーセキュリティ国際標準化

各地で色々な流れができています。多摩大学は「サイバーセキュリティ国際標準化研究会」を発足
「サイバーセキュリティ国際標準化研究会」を創設します。本研究会は、サイバーセキュリティの国際標準に沿った日本のサイバーセキュリティ水準のあり方を政産官学横断で検討していきます。なお、本研究会は経済産業省商務情報政策局サイバーセキュリティ課と、米商務省配下の米国国立標準技術研究所(NIST: National Institute of Standards and Technology)の協力を得て運営されます。
>>>多摩大学プレスリリース

日本では国際的な技術標準に上なのか、下なのか指針が存在してないため発足したみたいです。
国立標準技術研究所(NIST)からいち早く情報をもらえるように協力、
企業側からは、大日本印刷、トヨタ自動車、東芝、ヤフー、リコー、TISなど14社が参加。民間企業の事務局はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社が担当します。
グローバル市場での成長戦略を加速させることを目指して行くそうです。

そこでUTMが活躍!?

この先、飛躍的IT事情も変わり、経営を取り巻く環境は常に変化して行くと考えられ、それに合わせたセキュリティ対策も必要になります。
中小企業様に関してましては、セキュリティに対する投資に対しても限界があると思います。
対策方法は様々ありますし、金額も色々です。
進化していく未知の脅威から守るリーズナブルな
WALLIOR UTM(統合脅威管理)の導入のご検討してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838