UTMセキュリティーブログ

コンビニATM 現金不正引き出し被害18億円超

コンビニATM 現金不正引き出し被害用画像

17都府県のコンビニのATMから18億円を超える不正に引き出される事件がありました。
犯行グループは全国で100人以上、2016年5月15日の日曜日の午前の2時間余りの間に
十万円の限度額で引き出され、取引は合計1万4千回以上にのぼります。

各ATM会社不正引き出し金額

主にセブンイレブンに設置されている、セブン銀行のATMで不正に行われ、偽造クレジットカード1600枚分を使ってATM約1400台で 約14億円が不正に引き出されました。
さらにファミリーマートなどに設置された約320台のATM(イーネットとゆうちょ銀行)からも約4億2000万円が不正に引き出され 総額被害額は18億円超になってしまいました。 特に、セブン銀行ATMの被害が大きいのは、 セブン銀行ATMは海外のキャッシュカード、クレジットカードなどが利用でき、設置台数 も多く、セブンイレブンなどにあって見つけやすく、24時間利用できることなど、ATMの利用者にとって便利な点が逆に利用された形になりました。

偽造クレジットカード

今回の不正出金は、南アフリカのスタンダード銀行が発行したクレジットカード(磁気ストライプカード使用)の偽造クレジットカードが使われました。
ハッキングやスキミングで流出した情報を基にカードを偽造した可能性があります。

インターネットの詐欺

このように現実世界でも大金が不正でとられてしまう事態 インターネットバンク系はどうでしょうか?
期間 件数   被害総額
H26 1,876件 約29億1000万円
H25 1,315件 約14億 600万円
H24 64件  約4800万円

年々増えていく傾向にあります。 以前は個人向けの被害が多かったのが近年、企業向けの被害が多くなって来ています。
手口としては
・スパイウェアやウイルスによる不正取得
・メールなど利用したフィッシング詐欺、ランサムウェアによる不正取得
などが上げられます。

このようにインターネットバンクの不正脅威などから 身を守るための1つの手段としてUTM(統合脅威管理)を使用してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838