UTMセキュリティーブログ

クリスマスビジネスに便乗するマルウェア

クリスマスビジネスに便乗するマルウェア

サンクスギビングとは

米国では11月第4木曜日サンクスギビング(感謝祭)があります。
サンクスギビングとは色々な説がありますが、一般的に言われているのは、イギリスから移住してきた人達が、1620年に大変厳しい寒さの中、亡くなる人が大勢いました。翌年、インディアンから農耕・狩猟を教わり生き延び、その年は収穫が多かったため、神の恵みに感謝してインディアンと一緒ごちそうを食べた事や由来になっています。

ブラック・フライデーとは

アメリカ人にとっては特?な日であり、家族が集まる日でもあります。日本で言うと元日の家族みたいな感じでしょうか、メインの食事は七面鳥の丸焼きとマッシュポテトやクランベリー系のソースとか定番で出てきます。
別名、ターキー・デー(Turkey Day)と言われるほどターキー(七面鳥)の消費率はこの日がピークになります。
そんな、アメリカの一大イベントの翌日はブラック・フライデー(11月の第4金曜日)と言われており
クリスマス・セールが一斉に始まります。この日をからお店が大きく黒字になることからこう呼ばれるようになりました。

サイバーマンデーとは

アメリカで2005年のホリデーシーズンに出てきた言葉らしいです。
サンクスギビングのお休み中、店舗は混雑しますが、オンラインの店舗では感謝祭(サンクスギビング)明けの月曜日に売上が上がる事から
この日はサイバーマンデーと呼ばれています。アメリカでは会社に出社してオンラインで購入する人達が多いのかもしれませんね。
ちなみに日本では、Amazon.co.jpがネットショッピングが最も盛り上がる日として
サイバーマンデーとして12月の第2月曜日を2012年に記念日として登録しています。

便乗するランサムウェア

もちろんこのような一大イベントにネット犯罪者達が便乗しないわけはありません。
ECサイトから、ショッピングを楽しむユーザを狙ったフィシングサイトに誘導させるバラマキメールや、ランサムウェアトロイの木馬などの様々なマルウェアのネットの脅威が年々増加している傾向にあります。
情弱な人達も一斉に動き出すため恰好のターゲットになってしまいます。

この時期は日本でもオンラインショップ等で買い物する方が多いと思います。
注文書や、確認願メールなどのウイルスメールに遭遇する率は高くなると思われます。
中小企業様に向けネットーワークセキュリティの WALLIOR UTM(統合脅威管理)は
自動アップデートによって新種のウイルスなどをブロックしてくれます。
必要性を今は感じなくても、セキュリティが本当に必要になる頃にはすでに感染しているかもしれません。
ネットワークからと、PCそのもの(エンドポイント)を守る弊社のUTMは
公共施設などにも使用されております。 この機会にUTMをご検討してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838