UTMセキュリティーブログ

ガンブラーとウイルス

ガンブラーとウイルス
2009年に出回ったガンプラー(別名GENO<ジェノ>)は
有名企業サイト、公共機関サイトを改ざんし、そのサイトを閲覧することで感染させるウイルスを仕込み、
多くのパソコンにウイルスを感染させようとする攻撃の事(手口、方法)を「ガンプラー」と言います。
なので、よく勘違いされるのはこの「ガンプラー」は特定のウイルスを指すものではありません。

ウイルス攻撃の一連の流れ

1,目的のWEBサイトの管理者権限IDとパスワードを盗み、WEBサイトを操作する準備をします。
まず、ここに行くまでにすでに何らかのスパイウェアとかのウイルスに感染してる可能性があります。

2,Javascriptなどをサイト内埋め込み悪意のあるデータをダウンロードさせるようにします。
又は、ウイルスにすでに感染させているWEBページに誘導させます。

3,セキュリティが不十分なパソコンを狙って、罠を仕掛けたサイトにアクセスした時にウイルスに感染させます。

どのようなパソコンがセキュリティが不十分か?

・OSなどアップデートしていないセキュリティホールがあるままのパソコン
・ブラウザーとプラグインが古いものが入っているパソコン
・UTMなどが入っていないパソコン
・パソコン自体が古くて、すべてのサポートが切れてしまっているもの

ガンブラー対策

少し前に流行ったガンブラーは殆どのウイルス対策ソフトでは現在対応できるといわれています。
しかし、いつ、どこで、新しいタイプのガンブラーやウイルスが出てくるかもしれません。
そこで、頼りになるのが、WALLIOR UTM(統合脅威管理)です。
進化していく未知の脅威から守る弊社のUTMを是非ご利用してみてください。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838