UTMセキュリティーブログ

インターネットセキュリティの仕組み

インターネットセキュリティの仕組み

WALLIOR UTMサイトを閲覧いただきましてありがとうございます。
最近はもっぱらメールによるウイルス感染が非常に多くなってきていますよね。
ちょっと前まではインターネットによる感染が多かったのに対して、ランサムウェアUSBメモリからの感染
今も増え続けている不正アクセス事例。。
いったいどこまでやればいいのか?と感じていらっしゃる企業様も多いと思います。

ファイアウォール

PCを使っている上で必ずついているのはファイアウォールです。
これがPC使用者の知らない通信に関しては遮断してくれているものになります。
しかし、それを逆手にとって悪意のある攻撃は世の中に知らされていない攻撃を仕掛けてきます。
このことをゼロデイ攻撃といわれています。
では、ゼロデイ攻撃とはどのようなものなのでしょうか?

ゼロデイ攻撃

脆弱性を解消する手段がない状態で脅威にさらされる状況をいう。脆弱性が発見される日より前に
攻撃することをいう。2015年は前年に比べて250%アップという驚異的な増加をしている。

身近な例としては
2015年にAdobe社のflashplayerに対して10件のゼロデイ脆弱性、Microsoft社のソフトウェアに対して
10件のゼロデイ脆弱性をみつけMicrosoftWindowsは6倍、InternetExplorerは2倍、MicrosoftOfficeも2倍の
ソースコードが配布されました。
なおかつ、脅威をあたえるさまざまなウイルスは、昔と比べて簡単に購入できる世の中になっているのも
原因のひとつと言われています。

最近では日本の14歳の学生がランサムウェアを流したりしているのもひとつの例に上げられます。
そしてPCに侵入してウイルスや不正アクセスをひきおこしてしまう、と言う経路になっています。

UTMの機能

UTMは世の中に知られていないウイルスやパターンファイルを防御する機能を持っており
未知なる脅威に対して防御をしっかりしてくれる役割を持っていますが、もしそれをすり抜ける
脅威があったら?やはり感染してしまいます。

そこでWALLIOR UTMはダブルプロテクションによってお客様の貴重なデータを守っていきます。
データのやり取りをUSBや外付けHDDで行う企業様でしたら、どこからウイルスが侵入するか
わからないですよね?
外部からの脅威を防ぎ、ネットワークから起こる脅威もガードしていくシステム構築をして、
より万全な体制をとった上で、これからも増え続ける脅威にも最新の状態で対応できる形を
より安価にWALLIOR UTM(統合脅威管理)は取り揃えておりますので、是非とも
ご検討の程、宜しくお願い致します。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838