UTMセキュリティーブログ

マルウェア感染=人=脆弱性

マルウェア感染イメージ画像

マルウェア感染=人=脆弱性になりうることをご存知ですか?
最近では企業で使われているPCがマルウェア感染してしまうことも決して珍しくない世の中になってしまいましたね。。

昔からよくある話ですが、アダルトサイトをみて金額要求。。というようなケースはいまもまだ発生しています。

とある国家機関のPCから職員がアダルトサイトを閲覧し、身代金の要求を受けて言われたままにPCの操作をして
実際にPCにマルウェアの感染をその職員がさせられてしまった、という事例があります。
一般的に言えば、『そんなサイト、会社では見ないよ』とか『ありえない』とか批判はかなり出ていたようです。

たしかにそのとおり、ではありますが
たまたま見てしまったその職員の人は普通の精神状態ではなかったのではないか、とも言われています。

もしみなさんの精神状態が普通じゃなかったらどうでしょうか?
若しくは、第三者のさまざまな手段によって普通の状態じゃなくされてしまったとしたら? 
防ぎようが無いかもしれませんね。

これは最近話題になっているランサムウェアだったり、オレオレ詐欺だったり、に通ずるものがあります。
こういったサイバー攻撃は決してPCが自動で動いてプログラムを作成し特定された企業様に送られているものではなく
すべて『人』の手でプログラムが作成され、ほとんどのケースが『不特定多数』の企業や個人宛に攻撃されています。

UTMは、一般的に有害といわれているサイトを設定して閲覧できないようにしたり、
不正なアクセスの遮断はもちろんのこと、一般的に広まっていないウイルスやプログラムに関しても効果を発揮します。

UTM WALLIORシリーズは万が一の備えとしてPC侵入を許したとしても、PC側もしっかりガードできますので
一度、無料診断から始めていただけると幸いです。

ページトップへ
営業時間 平日 9時~19時03-6738-283803-6738-2838